ギャル文化 その1

ギャルは、ひとつの文化にもなりました。もともとギャルは英語のgirlが語源で、英語のギャルに由来しています。ギャルのファッションやギャルのライフスタイルが突飛と見なされてはいますが、同世代にはある程度文化として共有されている若い女性たちを指す場合にもギャルという言葉は使われています。ギャルは文化的な意味合いが強く出ているので、国外では世界の最先端とみなされることがあります。そしてその場合では、日本語のローマ字表記にあたる gyaru が英語に借用されています。近年では、ギャル文化は日本の新たな輸出産業として日本政府も注目しているので、外務省などがリアル・クローズのファッションショーなどを後援しています。

ギャルの定義

ギャルという言葉は、1972年(昭和47年)にラングラー(Wrangler)からGalsという女性用ジーンズが発売された時から広まりました。東京では、1973年(昭和48年)に渋谷PARCOが開店して、新宿に代わって渋谷が若者の街として流行の最先端を担うようになるという変化がありました。そしてその当時のギャルという言葉は、ニューファッションに身を包んだ女性を指していて、逆に若い女性向けの最先端のファッションを「ギャルファッション」とも呼んでいます。

渋谷系のギャルを「109系」などファッションビルの名称を使用して細分化する例が見られるようになりました。特に地方では、ギャルファッションを取り扱う商業施設を109系のように呼称する場合も多く見られます。代表的な例の中では、愛知県名古屋市にある近鉄パッセ、福岡県福岡市にある天神コアなどの商業施設のファッションを109系と呼んでいます。この他にも商業施設の名称を使用したギャルファッションの細分化に「丸井・パルコ系」と呼ばれるものもある。

渋谷系ファッションに限らず原宿系ファッションに対してもギャルという言葉が用いられる場合もあります。その理由は、原宿系ファッションも10代中盤から後半、20代前半にかけての最先端ファッションの1つとして広く社会に認識されているというのが大きな理由です。ファッションのテイストやメイクの手法が根本的に違うので、厳密には彼女たちファッションはギャルではありません。

但し、原宿にはロック系のファッションを取り扱う店舗も多いので、ロック系のメイクは細部の違いはありますがギャルのメイクを踏襲した手法が用いられています。こうした女性が集まるため原宿系を「ギャル」と誤認されているので、この場合のギャルの意味は広い範囲でギャルに近いといえます。

1990年代中期から末期にかけては、以上のことに該当する女子高生や女子中学生を指して「コギャル」、そして「マゴギャル」といった言葉で呼ばれることが多かったのですが、今ではどの世代でも「ギャル」と呼ぶことで落ちつきました。また、お姉系と使う場合は、ギャルに該当する女性が趣味嗜好をそのまま維持して大人になった人のことを言って、その中間的な役割としてお姉ギャル(オネギャル)という存在もありましたが、ファッションの系統の分類が明確化された現在ではギャルとお姉系が完全に別物のファッションとなっているので、今ではお姉ギャルという言葉をファッション用語としてはあまり使われることはなくなりました。

「egg」や「Popteen」、「Ranzuki」、かつて発行されていた「Cawaii!」などといったファッション雑誌がギャルに対してとても大きな影響を与えました。雑誌内にはギャルのアイデンティティなども色濃く書かれ、特に雑誌内に登場するモデルは他のティーンズ誌と比較するとオープンな活動をしているモデルも多く見られます。これらの雑誌に影響された読者がサークル(ギャルサーとも呼ばれる)を作って活動している者も多くみられています。雑誌内のコラムやアイデンティティの中で性的描写がとても過度になってしまったことを問題となる場合もありました。

またオールドサーフ系から発展したギャル男と呼ばれる男性も現れるようになりました。ギャル男のファッションを取り扱う雑誌「men's egg」は、ギャル系ファッション雑誌「egg」の兄弟誌として創刊された経緯があります。当初のコンセプトの一つとして「ギャルの理想的な彼氏(又は一緒に連れて歩く男性)」としてこの言葉を用いられました。今ではギャル男をお兄系(おにいけい)と呼んでいますが、お兄系は本来ジャニーズ系ファッション(丸井・パルコ系)までの綺麗目なファッションを含む幅広い呼称でしたが、次第に雑誌「MEN'S KNUCKLE」に登場するようなファッションを「強めのお兄」と呼ばれるようになり、最終的にはお兄系という呼称になり落ち着きした。お姉系の経緯とは全く別の発展を遂げたので、事実上は「ギャル男」を後継しているとも言えます。

109で買い物した~胃!

厳しい制度と高い難易度の樹脂切削加工を確実に実現し続けているからこそ、品質厳しい大学や各種研究機関様から、非常に高いご評価を頂いています。金属加工 メタルスピードにおまかせください!

ギャルの歴史 その1

ギャルの歴史 1970年代~

1970年代は世界的にファッションの変革が強かった時代でもあります。ジーンズもストレートボトムのものからベルボトムが登場するようになりました。そのためファッションの幅や自由性が広がった期間とも言えます。そしてananやnon-noといった女性ファッション雑誌が相次いで創刊したのもこの時代です。この雑誌では、ニューファッションに身を包んだ女性が多く登場しました。こうした女性の中で特に神戸を中心に発生したニューファッションをニュートラ( 和製英語:New Traditional ) と呼んで、最先端ファッションをして位置付けされました。当時のファッションの最先端は女子大生や若手OLだったので、今と比べると年齢層が高いのも特徴です。

ギャルの歴史 1980年代~

1980年代後半、バブル絶頂期にはボディコンと呼ばれる非常にタイトでボディラインを強調したワンピース、またはスーツに身を包んだ女性が登場するようになりました。ボディコンの発祥は1980年代前半のヨーロッパファッションでしたが、日本経済が潤沢な時期でもあったためにこうしたファッションが受け入れられてくるようになりました。この時期までは、このようなニューファッションと呼ばれるスタイルは女子大生やOLが特に着用してしました。ギャルという言葉は若い世代の女性になぞられました。ピチピチギャルという言葉も1980年代前期に登場した言葉です。

ギャルの歴史 1990年代~

1990年代に入っても、ギャルという言葉は使用され続けました。特に中尊寺ゆつこが描いた漫画『スイートスポット』登場するオヤジギャルは流行語大賞を獲得するまでの知名度を得ることになりました。このオヤジギャルは、主に当時の若いOLを風刺した題材でした。1980年代の末期より流行していたジュリアナ族に代表されるように、企業の就業時間の定時時刻の17時頃を迎えると制服からボディコンに着替えて、夜な夜な街に繰り出す。というアバンギャルドな性質を見せる反面で、どこか中高年男性(オヤジ)の様な性格を髣髴させます。いわば女性としてはどことなくルーズに見え、そして大和撫子的要素の欠損した女性を的確に描いていたとい漫画でした。この現象はギャルそのものファッションとはあまり関連はありませんが、ギャルという印象を「見た目は最先端ながらも言動に秩序やマナーなどがどこか欠落している」といったもので植え付けたともいえるので、それから後に流行するギャル、コギャルらは当時の比較対象としてオヤジギャルを引き合いに出されていました。

コギャル その1

バブル崩壊後は、それまで日本のファッション業界に君臨していたDCブランドなどを使った高級なファッションが淘汰されるようになりました。1990年代前期から「カジュアル」をキーワードにストリートファッションなどのファッションが注目されるようになりました。

10代の女性の間ではスーパーモンキーズの安室奈美恵の登場で、彼女のファッションに特に影響された女性が続出しました。この現象、または安室ちゃんに心酔した彼女たちのことを「アムラー」と呼んで、10代の女性の多くが彼女のファッションである70年代風のサーファーファッション、LAファッションなど回帰的なファッションが流行しました。

その中でも特に大きな変化といえるのが、当時の日本人にはあまり馴染みがなかった茶髪に対する抵抗感がなくなった事が日本人女性の大きな変化と言えるでしょう。このファッションの流れを汲むのがギャルの原点であるというのが定説となっています。そして、一般的に安室ちゃんを「初代ギャルのカリスマ」と言われています。

「コギャル」という言葉は、のアムラーの発生とほぼ同時期の1990年代中期からの流行語となりました。1993年頃からフライデーなどの雑誌に「コギャル」という言葉が見られています。実際に、本格的に「コギャル」という言葉を使われ出したのは1996年頃からです。特にファッションから若者の娯楽・風俗、または経済効果まで1980年代までの女子大生・OLを中心とした女性の流行が女子高生・女子中学生を中心とした文化に変化していた事を認めなくてはいけないほど、「コギャル」は時代を象徴していました。この当時のギャル・コギャルの年齢層は1980年代前半生まれの女性です。(ポスト団塊ジュニア世代の後半)

コギャルの語源についてはいろいろありますが、、有力な説としてはディスコ・クラブでエントランスチェックの黒服が、本来は深夜入場が不可な女子高校生を成人女性と区別するための隠語として「格好はギャルだけど、まだ本物のギャルに成りきれていない、格好だけのギャル」から、「カッコ(格好)・ギャル」と呼ぶようになり、その「カッコギャル」が縮まって「コギャル」となったという説。またマスメディアが「コギャル」の「コ」を「子」や「小」であると誤認した結果であるとする説、あるいは「高校生ギャル」を略して「コーギャル(高ギャル)」からコギャルという言葉に派生した説もあります。いずれにしても、語源の検証は不可能ですが、10代の女性(特に女子高生)に対して使用された言葉であることには変わりはありません。

ギャル文字アプリ紹介だょ

ページのトップへ